So-net無料ブログ作成

「ハンセン病について」の学習 [6年生]

10284.jpg
6年生は28日人権教育推進員の十川勝幸さんを講師に
お呼びして「ハンセン病について」の学習を行いました。
1028.jpg
ハンセン病は長らく恐ろしい伝染病で遺伝する等,間違った
うわさが人々の間に広まり,感染者は強制隔離され,その
家族も社会から仲間はずれにされてきた。
しかし,真実は全く違っていた。
ハンセン病は大変軽い病気で,ほぼ人にうつらない病気,遺伝
もしないこと,感染してもプロミンという薬で必ず治ること。今は
日本にハンセン病患者はいないこと。
こういう基礎知識を持って,6年生は十川さんに質問をしました。
「回復者の方々はこれまで,どんな差別を受けてきたのですか」
「隔離された療養所での生活はどのようなものだったのですか」
「うつらない病気だと分かってからも,なぜ隔離を続けたのですか」
「回復者の方々は今どんな暮らしをされているのですか」
「私たちにもできることはあるのですか。」
こうした子どもたちの素朴な質問に十川さんはていねいに答えて
くれました。
10283.jpg
子どもたちが学んだことは,家族や周りの方々に伝わり,早くハン
セン病への偏見や差別がなくなることを願っています。
平均寿命が80才にもなっている回復者の方々は,ふるさとへ帰り
たくても,未だ残っている世間の冷たい目が怖くて帰れないと言い
ます。この方々が生きておられるうちに,差別のない温かい社会
にしていかなくてはと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。